映画「未来のミライ」の感想

映画「未来のミライ」 細田守監督

 

甘えん坊の4歳児、くんちゃん。ある日、妹の未来ちゃんが生まれたことで、くんちゃんは両親の愛情を奪われてしまいます。愛情いっぱいにくんちゃんを育ててくれた両親も祖父母も、未来ちゃんに掛かりっきり。未来ちゃんへの嫉妬でくんちゃんは暴れまわり、ますますお母さんに怒られてしまいます。そこに、未来からやってきた中学生のミライちゃんが現れます。

 

注意
以下、ネタバレありますのでご了承ください。

生まれて初めてアイデンティティの危機を迎えたくんちゃんが、過去や未来、空想の世界を見て回ることで自己肯定感を取り戻すストーリーなのですが、そんなにはっきりしたカタルシスはありません。何か大きな出来事のおかげで一気に自己肯定感を取り戻す、というのも安易な感じがするので、これはこれでアリなのだと思いました。

くんちゃんは最終的に「くんちゃんは未来ちゃんのお兄ちゃん」という自己証明をすることで、「ひとりぼっちの国」から助け出されます。敵であるはずの未来ちゃんの存在でくんちゃんに自己証明をさせるのは、ちょっと残酷だな…と当初は感じました。両親から構ってもらえず寂しがるくんちゃんを延々と観せられて心を痛めた観客としては、これじゃ可哀想すぎやしないか、と。でも後から考えてみると、両親以外の関係性で自分を証明することは社会へ踏み出す第一歩であり、くんちゃんのアイデンティティを強化することに繋がっているように思えます。「親と自分」という閉じた世界を少しだけ広げられたわけです。

この作品で大事な軸になっているのが、時間です。未来から妹が来るとか、過去を見に行くとか、そういう仕掛けがメインになっているからです。その中でも私は、お母さんとおばあちゃんの関係性が一番印象に残っています。
お母さんが子供のころにタイムスリップして、くんちゃんは子供の頃のお母さんと家の中を暴れまわります。お母さんはおばあちゃんにものすごく怒られてしまい、このシーンは「この母子、精神的に大丈夫かな…」とドキっとさせられるほどです。それから現代へ戻り、お母さんとおばあちゃんの会話です。

「昔は知らなかったのよ、手のかかる子供の方が可愛いなんて」

「くんちゃんは私の宝」
「それは私の台詞よ」
「今は私の台詞なの」

「できる限りのことをしてあげたいの」
「子育てに願いは大事よ。その気持ちがあれば大丈夫」

二人のシーンは断片的にしか挿入されていませんが、時間を経るごとに変化する人間関係をよく表現しているなあと感じました。危うそうに見えた母子が、同じ母という立場になって穏やかに会話する様子。今はくんちゃんにとって未来ちゃんは「両親を奪った敵」に見えるけれど、時間が経てば違う関係を結べるようになるのかも、という可能性を感じさせてくれます。

残念だなと思った点は、中学生ミライちゃんの存在です。細田作品に登場する「主人公を支える少女」役はどれも共感できなかったのですが、今回もそうでした。中学生といったら第二のアイデンティティ・クライシスを迎える時期です。「好きな男の子がいるから、雛人形を早く仕舞ってもらわないと」という思考は結構ですが、それ以外にも色々あるのでは…。それなのに、単にくんちゃんを導く役として描かれるだけなのが残念でした。くんちゃん視点からすれば、導き役にしか見えないのかもしれないけれど、お母さんとおばあちゃんの関係性に時間を割いていたことと比較すると、軽い存在に見えてしまいました。

まあでも結局、一番言いたいことは、青年がめっちゃかっこいいということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください